コミュニケーションの4面性モデル

広告

コミュニケーションと相互作用は、従業員のマネジメントやモチベーションの向上、さらには企業における成功の実現に大きな役割を果たします。コミュニケーションは、組織における「潤滑油」とも言えます。

オイルがなければエンジンは動きませんし、企業も同じです。しかし、その設計を成功させるためには、より広い理解が必要です。管理職の日常業務に関する実証的な研究によると、管理職は仕事時間のほとんどを他人との口頭でのコミュニケーションに費やしていることがわかっています。コミュニケーションと相互作用があってこそ、企業内の個々の活動が調整され、さらには刺激され、企業全体の目標に沿ったものになるのです。

対人コミュニケーションの基本的なプロセスを簡単に説明します。送信者は何かを伝えたいと考えます。送り手は、その要求を認識可能な記号で符号化します。私たちは、送り手が送るものをメッセージと呼びます。受信者は、この認識可能な構造を解読することになります。その際、受信者は送信者の声、顔の表情、ジェスチャーなどの情報を受け取ります。

本物に見えるためには、この3つの側面が同じことを伝えている必要があります。原則として、送信したメッセージと受信したメッセージの内容が半分ずつ一致していれば、理解がなされたことになります。しかし、その理解の質を確認するためには、受信者からのフィードバックが必要です。

"フリーデマン・シュルツ・フォン・トゥーンが提唱した「メッセージの4面性」は、実用性の高いモデルとして広く使われています。

広告

フリーデマン・シュルツ・フォン・トゥーンが開発した「4Sidesモデル」。

シュルツ・フォン・トゥーンによれば、対人コミュニケーションには3つのことが明らかになっています。

  1. 鮮明さは4次元の問題です。
  2. 1つのメッセージには、同時に多くのメッセージが含まれています。
  3. 4つの側面は同じくらい重要である。

このモデルによると、言語による対人コミュニケーションのすべてのプロセスを4つの側面から検討する必要があります(非言語的な発言を検討する場合は、通常、事実に基づく内容は省略されます)。

  • 事実面。"どうすれば事実を明確に理解できるように伝えることができるか"事実に基づく情報が与えられる。(それは...)
  • リレーショナルな側面"自分のコミュニケーションの仕方で、仲間にどう接するか"このメッセージはさらに、送り手が受け手とどのように関係しているのか、受け手のことをどう思っているのかを明らかにします。(We are..., You are...)。
  • 自己啓示の側面。"私はコミュニケーションの中で自分自身について何を伝えているのか?"すべてのメッセージには、送信者の動機、感情、価値観に関するメッセージも含まれているため、意図的な自己表現と非自発的な自己開示の両方が含まれています。(I am...)
  • 訴求面。"自分のメッセージで何を実現したいのか?"ほとんどすべてのメッセージは、受け手に何かをさせるという機能を持っています。(I want..., You shall...)

対人コミュニケーションを考える上で、メッセージの受け取り方についても同じ質問をすることができますし、そうすべきです。受信者としては、4つの側面の一致を分析する必要があります。ほとんどの場合、事実上の側面はそれほど重要ではなく、実際の内容は魅力の中に「隠れて」います。事実上の内容を除くすべての側面の送信と受信の両方は、意識的または無意識的に行うことができます。

このモデルは、具体的なメッセージの分析に適しているだけでなく、通信障害の検出や問題領域の構造化にも適しています。

多くの組織では、リソースの配分は、自己アピールに基づいて行われることが多い。つまり、自分をよりよく売り込み、最も説得力のある主張をした者が、より多くのリソースを受け取ることになる。しかし、このモデルの構造上、対応するコミュニケーションイベントを比較的よく分析することができるため、「舞台裏を見る」ことができます。

上手くいかないコミュニケーションの一例。

ある男性と女性が食事をしています。男が「スープに何か緑色のものが入っている!」と発言した。


シュルツ・フォン・トゥーンによれば、男の視点から次のような結論が出ている。

広告


しかし、女性の視点から見ると、次のような分析になります。

そのため、女性は「嫌なら自分で料理しなさい!」と答えます。

結論

シュルツ・フォン・トゥーンのモデルによれば、コミュニケーションが成功するのは、4つの側面が一致し、そのように認識されたときである。受け取ったメッセージは、4つの側面のすべてにおいて、送信したメッセージにできるだけ近いものでなければなりません。最終的には、そのアピールが意図した行動や結果につながったときに、コミュニケーションが成功したと言えるでしょう。